熊澤充のバリ島撮り尽くし 

ウェディングにハネムーン、ダイビングに山登り、スパ、ヴィラ、ランチにディナー、朝日に夕日に星空も。アグン山頂3142m~水深40mまでバリ島の東西南北,上下左右,過去未来を日々撮り続けています。

水蓮にとまるイトトンボ

168444368_org
























水蓮にとまるイトトンボ。
日本でもバリでも水辺をよく探すと見つけられます。
子供の頃からトンボ好きで見つけるとついつい撮ってしまいます。
バリにもオニヤンマ位大きなトンボいるのかな?


ランキングに参加しています。
応援ぽっちっと御願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

トランベンの大きなウチワ

168445167_org







トランベンドロップオフで撮った大きなウチワです。
大きさを表現するために裏側へ回ってもらいました。
そして水中ライトを向けてもらってワンポイントに。
水中では青い写真になりがちなので、画面下の赤いハタにストロボをあててこれもワンポイントに。

キャンドルライト

168725471_org







とあるワルンにて。
料理がなかなか出て来なくて暇つぶしに撮った写真です。
バリのお店は暗い事が多いので、明るい単焦点レンズがとても役に立ちます。
絞りをいろいろ変えて撮った中、1番ボケ方が綺麗だった写真です。

風鈴のような変わったハイビスカス

DSC_0199



















ちょっと小ぶりで花びらがヒラヒラのハイビスカス。
しべが長くてまるで風鈴のよう。
南国の日差しの中、ちょっとだけ涼しくなった気がしました。

ウルワツ寺院の夕日

HDR







HDR(ハイダイナミックレンジ合成)写真です。
普通なら暗くてつぶれてしまう部分、明るくて飛んでしまう部分も全部見えるように加工する技術です。
ちょうど絵と写真の間のような雰囲気になります。
この日は肉眼ではあまり綺麗な夕日ではなかったので、1枚RAWで撮影し後に編集しました。
夕日、お寺、雲は動かないので(当たり前)ひたすら波の反射の具合がいい感じになるようにシャッターチャンスを狙って撮りました。

リゾートな感じでポートレート

DSC_6552







耳に付けているのはプルメリアです。
こちらではフランジュパニ(英語?)とかジュプン(インドネシア語?)とか呼ばれています。
ここバリ島では庭があれば大抵1本は植えてあるので簡単に手に入れられます。
色も写真の様な白や黄色、ピンク、赤、MIX他色々な種類があるので南国的な写真を撮りたい時には本当に助かります。
実は日本に住んでいた時もこの花を育てていました。

ROCKな感じでポートレート

DSC_7483一通りサンプル用のポートレート写真を撮り終えた後、”もう帰るだけだから服のままプール入って撮らない?”と。
そんな感じで撮った中のベストショットは、ズボンをびしょびしょにした意味の無い構図でした。
離れたところから水中用のライトを当ててジャンパーの影とサングラスの中のキャッチライトを作っています。

一流シェフの作る一皿

DSC_6681







とても自分個人では行くことの出来ない高級レストランMozaicBeachclubへの取材で撮った1枚です。
魂のこもった一皿には魂のこもった1枚で答えたい!という気持ちで撮りました。
自然光のみで2方向のレフ版を立てほぼ修正なしの写真です。

sobekのイベントにて

DSC_3724















高級ホテルの敷地内で行われたイベント。
人物はブレて欲しくないけど炎の揺らめきは止まって欲しくないという、微妙なシャッタースピードを探しながらの撮影でした。

卵を守るハゼ

00





















ホヤに産んだ卵を守るハゼです。
トランベンでは良くこの光景を見る事が出来ます。
自分は10年以上前、ここトランベンでOWのカードを取得したのですが、この青く半透明に輝くホヤがとても印象的だった事を今でも覚えています。
ホヤからなかなか逃げないハゼがいたらよく観察してみてください。
きっと写真のようにびっしりと卵が産みつけてあるはずですよ。
  • ライブドアブログ