熊澤充のバリ島撮り尽くし 

ウェディングにハネムーン、ダイビングに山登り、スパ、ヴィラ、ランチにディナー、朝日に夕日に星空も。アグン山頂3142m~水深40mまでバリ島の東西南北,上下左右,過去未来を日々撮り続けています。

撮影・編集テクニック

切抜き用の飲み物の撮影

NND_9555 のコピー
後で切り抜きやすいように、グラスの淵に黒い線を入れる為、両サイドに黒の板を入れ黒締め。
NND_9504
液体の透け感を出すためバックからディフーザー越しに1灯。

NND_9509
向かって左ほぼ正面からやわらかいライトを1灯追加。
このままでも良いのですが、水滴やグラスの反射ハイライトを入れる為、グリッドライトをもう1灯右から追加。


NND_9507
黒締めしたおかげでグラス上部奥の輪郭がちゃんと残りました。

WID_5633 のコピー
という事で、最近の飲み物撮影用セットです。



NND_9510 のコピー
絵的に美しくない余計なゴミ等を消して、切抜いたらこんな感じ。
(背景、文字は適当です。)

今日は飲み物とお料理と他いろいろの撮影に行ってきました。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。

指輪とプルメリアとキラキラ☆玉ボケ

WID_9970
逆光キラキラのプールを入れて撮ってみました。

WID_9989
レンズは新しいタムロンの90mmマクロ(F017)です。

WID_0002
開放だと玉ボケがこんなに大きく撮れますが、ピントうっすい!

WID_0017
これは天井のシャンデリアをガラスのテーブルに反射させて撮ってみました。


【ムーンライズエンターテイメント】
お気軽にお問い合わせください。


be81d37c今更ながらインスタグラムはじめました。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ リアルなバリ島情報満載!!
ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。 

南半球での星空ウェディングフォト撮影にポータブル赤道義”ポラリエ”を導入【その2】

NND_1978
という事で家のそばで早速テスト。
上の写真はシャッタースピード3分。
星が点ではなく線で写ります。

NND_1977
そしてポラリエ、スイッチON。
撮影条件は全く同じですが、みごと星が点に写りました。
一つ目のハードルクリア!(普通に使えただけですが^^;)

NND_1979
方角を変え、これも同じ条件、シャッタースピード3分の写真。
ちょうど真ん中には南十字星が写っています。

が。
赤道義は星を追いかけて動きますので、今度は逆にその分背景がぶれます。

これを解決する方法はいろいろあると思うのですが、次の課題はこれですね。
一つずつ実験してみたいと思います。

続く~


【ムーンライズエンターテイメント】
お気軽にお問い合わせください。


be81d37c今更ながらインスタグラムはじめました。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ リアルなバリ島情報満載!!
ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。

南半球での星空ウェディングフォト撮影にポータブル赤道義”ポラリエ”を導入【その1】

WID_5133
ポータブル赤道義”ポラリエ”。
今回の日本帰国の際購入した最終兵器!(?)
簡単に言うと星の動きに合わせてカメラを動かしてくれる機械です。
肉眼ではわかりませんが、星も太陽や月と同じようにゆっくりと動いています。
通常の固定撮影では星を点でとらえようとすると、シャッタースピードを25秒以内にしなくてはなりません。
でもこの赤道義を導入すれば、1分、2分とシャッタースピードを長くしても星が点で写ります。(のはず。。。)

前置きが長くなりそうなので詳しい事は別の方のレビュー等読んでいただくとして、引っ越しも落ち着き、本日やっと箱から出してセッティング!

とりあえず日本にいる事にして、普通に極軸合わせをしてみました。
北へ向け、偏角補正7°、傾斜角35°で上の写真のような感じに。
何だかカッコいい!

WID_5134
そしてここは南半球のバリ島。
今度は南に合わせて偏角補正西へ2.6228、緯度は-8.3405で上の写真のような感じに。(これ解釈を間違っていました。下に追記してあります。)
ここまで勉強してネット情報を集めてこの数字へたどり着くまでに約2時間・・・南半球の情報が少なく、同じように困っている方がいそうなので、詳しい数字まで載せておきました。

そして問題。
カメラが下を向いてしまい、煽って撮れません・・・
星空撮るためにセットしたのに地面しか撮れなくてどうすんねん!(笑)
いや笑ってられません。

WID_5135
カメラを縦にすればなんとか上を向くのですが、赤道義にぶつかるギリギリ、操作もしづらいのでこれはだめ。
自由雲台をもう一つ買えば簡単に解決するのですが、ここはバリ島。アマゾンポチッ!というわけにはいかず、あるものでなんとかするしかありません。(アポロ13の気分です。)

WID_5140
縦撮影用のアングルが手元にあったので、これで何とかならないかと付けてみました。
横位置で空を煽れる角度にはなったのですが、バランスが悪く荷重がかかって、赤道義のモーターが正常に動くとは思えません。
強い風吹いたら倒れそうだし・・・

とりあえず次のテーマは”バリ島で自由雲台を探し出す!”ですね。

NND_1967_30s
せっかくですので、無理のあるセットで試し撮りに近所のビーチへ。
全く慣れてないのに、今日はサンセット後から月が上がって明るくなってしまうまで、30分程度しかチャンスがありません。(やはりアポロ13の気分。)
しかもかなり霞んでいて、50点位の夜空でしょうか?
いろいろと試してみましたが、このブログで発表出来るほどの結果は得られず。
上の写真はいつも通り、シャッタースピード20秒で撮影したものです。
カメラや赤道義の設定の事ばかり気にしていて全然空を見てなかったのですが、偶然かなり大きな流れ星まで写っていました。
これでいいじゃん!と思った方も多いと思いますが、自分もそう思います^^;

f3809010
こちらは以前にコンディションの良い日に普通に撮った写真。(やっぱりこれでいいじゃん。)
多少お天気が悪くても、赤道義導入でいつでもこんな感じで撮れたらいいな~っというのが今回の最終目標です。

NND_8333
これも普通に撮った写真。
南国に住んでいるというだけで、充分アドバンテージがあり、やっぱりこれでいいじゃん!とも思うのですが、赤道義を利用した星空ポートレートというのは、まだ誰もやっているのを聞いた事がないので、実験、失敗を繰り返して、いつか”こんな写真見たことな~い!”というところまでたどり着けたらいいな~と思っています。

という事で、挑戦は果てしなく続く~


--------------------------------------------------------
追記!
有識者の方から情報いただきました。
緯度-8.3405=南緯8.3405なので、下向きではなく上向き8°だそうです。
この辺が南半球で間違えやすそうな感じなので(自分だけ?)、あえてブログは間違えたまま残しておいてここで訂正します。

という事で再チャレンジ!


【ムーンライズエンターテイメント】
お気軽にお問い合わせください。


be81d37c今更ながらインスタグラムはじめました。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ リアルなバリ島情報満載!!
ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。 

お天気の良くない日にサンセットをどう撮るか?

WID_3851-1
前回のブログの続き、今日はローカルフォトグラファーを交えての撮影練習会でした。
ヘアメイクの撮影、寺院での撮影、カメラの設定、裏ワザ等一通り試したあと、最後はサンセット撮影へ。

今日は練習するには絶好の曇り空!(笑)
本当に今年は曇り、雨の日が多いバリ島のお天気です。
状況的には上の写真(普通に撮るとこうなります。)の通り、30点位のサンセットかな?

WID_3836A
それでもほんの数分間だけ、雲の切れ間から太陽が顔を出しました。
チャ~ンス!
彩度を上げて、コントラストを下げて、表情がわかるギリギリの明るさで撮影するとこんな感じ。

好みは人それぞれですので、どれがいいというわけではないのですが、同じ状況で撮った撮影パターンをいくつか紹介しますね。

WID_3836C
明るさを人物に合わせてもうちょっと上げてあげるとこんな感じです。
背景の雲はとんでしまいますが、表情は見やすくなりました。

WID_3836D
ホワイトバランスを変えたり、編集でカラーフィルターを全体に乗せるとこんな感じにもなります。

WID_3836B
今度は背景の方に明るさを合わせて撮ると、人物はシルエットに。
雲の模様と空の色が綺麗に出てきました。

WID_3824
背景も人物も綺麗に撮りたい欲張りなあなたの為に!という事でストロボの登場です。
こんな風になります。


更に!
WID_3842
グリーンの光を人物にあて、カメラの設定で緑になった人物を元の色に戻してあげると、逆に背景に緑の反対色、ピンクがかかります。
今日は結局、なかなかのサンセットが見れてしまいましたが(汗)、どんより曇り空の日でも、まるで背景全体に色つきストロボをあてたような写真を撮る事ができます。
カラーシフトというテクニックです。

WID_3840

NND_0691
この写真は更に背中の後ろにもう一つストロボを入れて撮影。
もう日が沈んで、かなりどんよりした雲しか残ってない状態でもこんなに美しい写真を撮る事ができました。

WID_3860
という事で、お天気の悪い日が多い今年のバリ島こそ、自分に撮らせてくださ~い!という宣伝でした(笑)。


【ムーンライズエンターテイメント】
お気軽にお問い合わせください。


be81d37c今更ながらインスタグラムはじめました。

ずっとブログをサボってたので、ランキング下がりまくり中・・・
↓↓↓ お暇な方は是非ポチッとご協力くださいませ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ リアルなバリ島情報満載!!
ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。

ストロボに取り付けるグリッドアダプター

_NND0622
ストロボの頭に、この蜂の巣みたいなのを取り付けるとストロボの光が周りに漏れず、直線的に進みます。

_NND8969
 この写真はバックライトと上で紹介したグリッドライトの2灯で挟んでライティング。
周りの水たまりには光をあてず、人物だけを浮き上がらせて撮影する事ができました。

【ムーンライズエンターテイメント】
お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。

深い青で撮る:日中シンクロ

01
バリ島での撮影は”暑い!”そして”まぶしくて目が開けられない!”というのを避けるため、出来るだけ日影での撮影をしています。(日向に出ると30秒で汗びっしょり^^;)

この状態で人物に明るさを合わせて撮ると、空は真っ白に。
そこで露出を背景の空に合わせ、かなり暗めに撮ると空の色が深いブルーに。
ですが当然、人も暗くなってしまいます。
そこでストロボ登場!

02
空は深いブルーのまま人物が浮かびあがりました。
めでたしめでたし。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。
 

お客様からのリクエスト その1

03
たまにいただく、お客様からのリクエスト。
お天気や光の方向、使用機材などの条件が違いますので、まったく同じには撮れませんが、いただいたサンプル写真は自分への挑戦状だと思い、”もっといい写真撮ってやる~!”っという気持ちで毎回撮影に臨んでいます。
普段自分が撮らないような写真も多く、勉強になる事も多いです。

ADS_6460
今回はこんな感じ!
サンプル写真ではもっと砂浜の面積が大きいのですが、この日のビーチが海藻いっぱいであまり綺麗ではなかったので、ちょっと上から撮って、砂浜の面積を小さく、逆に真っ青な海の面積を広くなるよう撮影しました。
撮影条件が揃えばあとは笑顔勝負!
とっても素敵なお二人でしたので、一発OK、あっという間に撮り終えました。

ADS_6433
そのまま終わるのはもったいないので、立ち位置そのまま、いろんな構図でばばばっと撮影。

ADS_6434
フォトブック等で文字を入れるスペースを想定して端寄せ。

ADS_6440
全身が入るようにちょっと引き

ADS_6442
空が入るところまでもうちょっと引き。

ADS_6448
さらに引いて真ん中。

ADS_6445
左寄せ

ADS_6450
右寄せ

他にも、もっと引き、もっと寄り、ななめ等、更に別パターンも撮っていますが、これの撮影にかかるのは、ほんの1-2分。

こういう写真を全部お渡ししたいので、基本自分がバリ島で撮影する場合は全てのお客様に対し、”お渡し枚数  最低保障○カット+撮れるだけ無制限”という形をとっています。

そしてお渡しする全ての写真に対して、美観美肌修正が入ります。

ムーンライズエンターテイメントでは、撮影カメラマンがまず編集、その後別の専門スタッフが美観美肌修正するという2段階編集をしています。
ちなみにこのブログは自分が編集しながら随時UPしていますので、基本的に美観美肌修正前で、最終お渡し時にはもうちょっとお肌やビーチが綺麗になっています。


続く~

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。

ハイダイナミックレンジ合成の合成

_NND7544
HDR合成の合成。
人物写真をHDRにすると、どうしても肌が不自然になるので、背景HDR+肌だけ通常写真で合成しています。
ネット上の写真検索で相当研究してますが、同じ事をしている写真を見たことがないので、たぶん世界初?
大したことではないのですが、HDRでウェディングフォトを表現するには重要なポイントだと思っています。
応用として、雲だけHDRとか建物だけHDRとかの合成も面白いですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。


~Wikiより~
ハイダイナミックレンジ合成
通常の写真技法に比べてより幅広いダイナミックレンジを表現するための写真技法の一種。
例えば風景のダイナミックレンジ(最も明るい部分と最も暗い部分の明暗の比)は広く、しばしばコントラスト比100000:1を軽く超える。
フィルムやCMOSイメージセンサなどの一般的な記録手段のダイナミックレンジは狭く、せいぜい15EV、すなわちコントラスト比32000:1程度しかない。
また、一般的なモニタのコントラスト比も1000:1程度である。そのため、現実の風景などの持つ広いダイナミックレンジをそのまま記録、表示することができない場合がある。
そこで、非常に大きなコントラストの元画像(現実)を、1000:1程度のコントラストになるように、コントラストを落とした画像に変換するのが、ハイダイナミックレンジ合成である。
それは、新画像のコントラストを圧縮することで、元画像(現実)の広いコントラストを収納することを意味する。
それができない場合には、元画像(現実)における明暗の一部が収納されずに、つぶれてしまうことになる。
つまり、ハイダイナミックレンジ合成は、幅広いダイナミックレンジを記録、表示するために開発された画像合成手法である。

カラーシフト

お天気の悪い日に有効な撮影テクニック(?)、カラーシフトです。

この日はバリ島ではかなり珍しいどんより曇り空で、ほんのちょっとだけのサンセット。
ストロボにグリーンのフィルターを付けてバックから光らせました。

するとこんな感じ↓
NND_3060
この写真のグリーンを自然なホワイトになるよう、編集でホワイトバランスを合わせてあげると、逆にグリーンの光が当たっていない部分は、グリーンの反対色、ピンクになります。

↓こんな感じ。
NND_3060-1
どんなに空の色が悪くても、空に向かってピンクのストロボをあてる事は出来ないので、この方法が有効です。
お試しを~

という事で、このブログではカメラや、撮影方法についてはあまり触れないでやってきましたが、たまにはこんな記事をUPしてみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。
 
  • ライブドアブログ